FC2ブログ

ダイエットに成功(今のところ)

6キロ増えた体重を何とかしようと、ここ数年ジタバタしていたが、あと3キロがなかなか減らず…。

それが、今年に入って体調不良で会社を休むことが3回あり、そのたびに体重が落ちて、今のところ目標体重をキープできている!
ちなみに体調不良の内容は、インフルエンザ、お腹の風邪、目眩&嘔吐。

でも、ちょっとでも油断したら簡単にリバウンドするに違いない。
もうちょっと、安全圏(模試でいったら「らくらく合格ゾーン」)まで持っていきたい。
スポンサーサイト



バッグクロージャー を見て一言


食パンの袋のバッグクロージャー(留め具)を見て息子が一言。
「青森県」。

確かに似てるかも!

息子のひとこと

納豆のネバネバ蜘蛛の巣に似ているね

愛で地球を救うには

年々、見る時間が短くなっている「24時間テレビ」。
趣旨は良いものだ。
でも、「大変なことにチャレンジして感動をありがとう」みたいなコーナーは減らしていいんじゃないか。
困り感を減らすために何ができるのか、もっと具体的な話があるといいと思う。

まず、普段どんなことに困ったり不便を感じているのか、どんな支援があったらいいのかという話が聞きたい。
例えば、今年の「初めてのおつかい」で「カナダのバスは車椅子でそのまま乗れる」という場面はもっと掘り下げて、日本ではどうか、どうしてほしいかという話題が出てもよかったんじゃないか。

また日常でこんな状況があったら、周りの人にこういうふうに支援してほしいとか。
「困っている人がいたら手助けをしましょう」というのは知っているけれど、具体的にどうすればいいかわからない。どこに質問すればいいかもわからない。

いじめの話題が出たときもそうだけど、人が頑張っているのに対して「賞賛する」「応援する」というだけに見えて、なんだか他人事のような印象を受けてしまう。
障害のある人の存在自体が認識されていなかった時代ならともかく、そろそろ「理解する」「一緒に問題解決する」という段階に入るべきだと思う。

偉そうなことを書いたけど、どうすればいいか自分がよくわからないから番組で取り上げてほしいのだ。
せっかく大きな力を持っている番組なので、時代や世の中に合わせてより良くなっていってほしい。

対面販売はレジに注意

会社帰りに焼き鳥を買ったら、実際の本数より多くレジを打たれていた。
後で気づいて返金されたけど、気づいたのがだいぶ歩いたあとだったので、人ごみを往復歩く労力もかかったし、乗るはずの電車に間に合わず10分以上待つ羽目になった。
スーパーのようにバーコードの場合はミスが少なくなってきたが、お惣菜売場などの対面販売のときは、注文した品物や数が合っているか、レジの打ち間違いがないか、よく見ておかないといけないな。(-ω-;)
プロフィール

松本あずさ

Author:松本あずさ
会社員。生まれてからずっと横浜在住。

~その他の登場人物(仮名)~
松本しんじ:
会社員。育児家事も積極的に取り組む有難い夫。
松本かりん:
長女。通称「りん」。
小学生。乳と卵のアレルギーあり(つなぎ程度はOK)。3歳までは小麦のアレルギーもあった。
松本たいち:
長男。小学生。ナッツのアレルギーあり。
山口みか:
あずさの妹。育児の先輩。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード